非合法

ハーブと呼ばれているものでも、規制が行われた後には非合法となってしまう場合もあります。
規制がされた後で、非合法となった成分が含まれているものについては、譲渡や販売をすると違法になります。
(さらに…)

ハーブ購入方法 (国内業者)

ハーブを購入するためには、インターネットから購入する場合と実店舗からの購入の場合があります。インターネットから購入をするのであれば、実店舗から購入をするよりも安い価格で購入することができるというメリットがあります。実店舗の場合には、その日のうちに品物を手にすることができ、購入する際に自分の身分を明かす必要もない、という特徴があります。現在では、ハーブを扱っているようなインターネット店舗の場合には、詐欺であったり情報漏えいの危険性についてはないといえますので、安心して便利に購入をすることができます。しかし、違法なものを扱っているインターネットの店舗に関しては、こういった問題も考えることができます。
(さらに…)

トリプタミン系

幻覚の作用を持っており、レクリエーションに使用する目的のドラッグのうち、トリプタミン骨格を有しているものは、トリプタミン系と呼ばれるものです。幻覚作用を持っているドラッグの中で、多くのものがトリプタミン系と呼ばれるものになります。
(さらに…)

お香タイプ

香炉で焚くことや、ポプリとして利用をするための目的として、お香タイプのハーブは販売されています。
元々のハーブと同じように、これは香りを楽しむという目的があるものです。
ですから、煙を吸い込むということは本来の使い方とは違っているものになります。
(さらに…)

セッティングについて

ハーブやアロマを使うのであれば、セッティングをするということはとても重要です。
人間の思い込みの力を利用することが、このセッティングということです。
(さらに…)

ポプリにしてハーブを楽しむ

ハーブは成分を体内摂取せず、香りを楽しむというのが本来の使い方になるが、香炉でハーブを焚く使い方以外にもポプリとして使うこともできる。 (さらに…)

間違った使い方

ハーブは一般的に言う正しい使い方をする名目で販売されている。
しかし現状間違った使い方をしている人も多くいます。 (さらに…)

ハーブってどうして合法なの?

ハーブがハーブであり続けられる理由は、つねに新種のハーブが市場に投入されるからです。

ハーブというのは植物加工品ハーブのことで、ボディとなる葉っぱなどの植物に、麻薬と同質の成分を吹き付けて加工しています。そしてこの麻薬と同質の成分はいろいろなものが使われていて、トリプタミン系、フェネチルアミン系など覚せい剤に近い成分が吹き付けたものもありましたが、2006年ごろから、大麻の有効成分THCの類似物質である合成カンナビノイドを使用した合成ハーブが増えてきました。 (さらに…)

ハーブとは…

ハーブは非常に微妙な立場に立たされています。利用者が増えたことで、健康被害を報告するニュースなども報じられるようになったからです。これまで4度の規制を受けても、規制外成分を使うなどで、かろうじて合法とされてきたハーブですが、これからは包括的な規制を受けることになるかも知れなません。 (さらに…)